紫外線は頭皮の臭いを悪化させる

 

頭皮の臭いを悪化させる原因の1つに「紫外線」があります。

 

紫外線は年中出ていますが、目には見えません。

 

天気の良い日でない限り浴びているという実感がないかもしれませんが、ダメージはじわじわと体に蓄積されているのが紫外線の恐ろしいところです。

 

あなどれない存在なので、後悔しないためにもしっかり対策をおこないましょう。

 

 

紫外線が頭皮の環境を悪化させる
 

頭皮は顔よりも紫外線を浴びています。

 

「顔にはしっかり日焼け止めを塗るけど頭皮は放置」という人が多いと思いますが、頭皮は日光に1番近いので、紫外線のダメージをまともに受けてしまいます。

 

紫外線を多く浴びると頭皮の皮脂が酸化して毛穴に詰まり、臭いの原因になってしまうので要注意!です。

 

 

 

頭皮をまもる紫外線対策

 

紫外線から頭皮をまもるには、帽子や日傘でガードする方法があります。

 

帽子は紫外線をカットできる良い方法ですが、夏などは特に長時間かぶっていると蒸れてしまい、頭皮の臭いの原因になってしまうので良くありません。

 

帽子をかぶる時は短時間にして、基本的には日傘で頭皮をまもるのがベストですね。

 

なるべく日陰を歩くようにするだけでも、積み重ねれば大きな差になるので頭皮をこれ以上悲惨な状態にしないためにも、紫外線対策をコツコツ続けていきましょう。

 

髪の毛の紫外線対策をしたい人は、髪用のUVスプレーを活用しましょう。

 

髪にふきかけるだけで紫外線のダメージからまもることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です