頭皮の臭いを悪化させる5つの生活習慣|あなたは大丈夫?

 

頭皮の臭いの原因は1つではありません。

 

頭皮の臭いに悩んでいる人は、臭いを悪化させる生活習慣を送っていないかセルフチェックしてみましょう。

 

 

朝シャン派だ

 

夜にお風呂に入らない人、朝シャン派の人は頭皮が臭いやすくなります。

 

頭皮は体の中で1番皮脂腺が多いパーツなので、汚れが溜まりやすくなっています。

 

日中に溜まった汚れが毛穴に詰まって寝ている間に雑菌が繁殖してしまうので、寝る前に頭をしっかり洗ってから寝るのはやっぱり理想です。

 

どうしても朝に頭を洗いたい!という人は、朝と夜に2回入りましょう。めんどくさいかもしれませんが、臭い人になるよりマシですね…

 

 

脂っこいもの・甘いものをよく食べる

食生活が頭皮に影響を与えることもあります。

 

ラーメンや揚げ物などの脂っこいものや、ケーキなどの甘い物は皮脂の分泌量を増やすので、たくさん食べると頭皮の臭いを悪化させる可能性があります。

 

頭皮だけでなく、顔がテカりやすくなったりと、食べるもので皮脂の量が変わってくるので要注意!

 

野菜や果物、タンパク質をたくさん食べてきれいな頭皮をつくりましょう。

 

 

睡眠不足

 

睡眠をしっかりとるのも大事です。

 

睡眠中に成長ホルモンが分泌されるので、睡眠が足りていないと健康な頭皮や髪が生まれないからです。

 

成長ホルモンは、頭皮や髪の毛を健康な状態にキープしてくれるホルモンなので、不足すると頭皮状態が悪くなり、臭いだけでなく抜け毛の原因になることもあります。

 

 

お酒・タバコの吸いすぎ

 

お酒の飲みすぎやタバコの吸いすぎも頭皮の臭いを悪化させてしまいます。

 

タバコのニコチンは血流を悪くしたて頭皮状態を悪化させてしまいますし、アルコールは解毒の際に肝臓に負担がかかってしまうからです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です