頭皮の臭いの原因「加齢臭」

 

ひょっとしたら、あなたの頭皮の臭いの原因は「加齢臭」かもしれません。

 

早い人では30代後半くらいから加齢臭がすることがあるので安心できません。

 

ここでは加齢臭の原因と対策をまとめてみました。

 

 

加齢臭の原因

 

加齢臭は「ノネナール」という、10~20代の若い人にはほとんど発生しないニオイ成分が原因です。

 

ノネナールは皮脂の中に含まれているパルミトオレイン酸という成分が酸化することで発生してしまうので、加齢によって体の抗酸化力が低下すると発生しやすくなります。

 

皮脂の中の成分が原因なので、女性より皮脂が多い男性の方が加齢臭を発しやすいとされています。

 

 

加齢臭をなくすには?おもな対策

 

頭・首まわりをしっかり洗う

加齢臭は、皮脂腺が集中している頭皮や首まわり、そして耳の後ろから強く出ると言われています。

 

お風呂に入る時は、頭はもちろんのこと首周りや耳の後ろまで念入りに洗いましょう。

 

日中に臭いが気になる時はデオドラントスプレーを首や耳の後ろに吹きかけるのもアリですね。

 

 

食事やサプリで抗酸化

 

私たちの体にはもともと抗酸化力が備わっているのですが、年とともに低下してしまいます。

 

抗酸化力が低下することで加齢臭の原因であるノネナールが発生しやすくなるので、食事やサプリを活用して体の抗酸化力をアップさせましょう。

 

野菜や果物、豆腐や納豆などの大豆製品、ワインやチョコレートなどを食べて抗酸化力をアップしつつ、抗酸化サプリも一緒に飲むと最強です。

 

抗酸化力のあるサプリはたくさんありますが、アスタキサンチンやピクノジェノール、コエンザイムQ10、プラセンタなどがオススメです。

 

いくつか試してみて、自分の体に合うものを探してみましょう。

 

コエンザイムQ10は疲れやすい人やハツラツとしたい人に、プラセンタは肌にハリ・弾力がほしい人にもおすすめです。

 

ニオイ対策と一緒に、サプリで理想の自分を目指しちゃいましょう☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です