頭皮の臭いの原因|頭皮の臭いが消えないのはなぜ?

 

頭皮の臭いが気になると、人と至近距離になるのが怖いですよね。

 

やばい、臭ってるかも…と気になって気になって、自信が持てなくなってしまいます。

 

頭皮はなぜ臭ってしまうのでしょうか。

 

 

頭皮の臭いの原因

 

皮脂の過剰分泌

頭皮は体の中で1番毛穴(皮脂腺)が多い場所なので、皮脂もその分たくさん出ます。

 

普通は頭皮の皮脂量は適度に保たれているのですが、ストレスや不規則な生活、乱れた食生活、間違ったヘアケア、紫外線などによって皮脂が過剰分泌すると、臭いの原因になってしまいます。

 

乾燥も皮脂が増える原因なのであなどれません。

 

普段の生活で皮脂を増やす原因をみずから作っていないか、1度振り返ってみましょう。

 

 

加齢臭?

頭皮の臭いの原因が「加齢臭」という可能性もあります。

 

自分はまだまだ大丈夫と思っていても、早い人では30代後半~40代で加齢臭がするようになってきます。

 

加齢臭は自分ではなかなか気づけないので、家族や身近な人に臭ってないかチェックしてもらいましょう。

 

聞きにくいかもしれませんが、職場で「臭い人」になってしまうより、1度ズバッと指摘してもらった方が良いですよね。

 

 

ミドル脂臭?

最近よく聞くようになった「ミドル脂臭」。

 

もしあなたが働き盛りの30~40代半ばなら、頭皮の臭いの原因はコレかもしれません。

 

(汗の中の疲労物質が原因で出る臭いなので、加齢臭とは別物です)

 

 

ちゃんと洗えていないだけかも?

 

毎日のシャンプーでちゃんと汚れを落とせていないということも考えられます。

 

シャンプーする時はブラシで髪をとかして、ぬるま湯で頭皮と髪をしっかり予洗いしてから、洗面器などでシャンプーを泡立てて頭皮につけていきましょう。

 

シャンプーブラシを使って優しく洗えば、すみずみまで洗えるだけでなくマッサージ効果も得られておすすめです。

 

頭皮には皮脂腺が多いので汚れがたまりやすく、髪を洗わずに寝てしまったり、朝にお風呂に入るのが習慣の人は夜にしっかりシャンプーするようにしてください。

 

頭を洗わずに寝てしまうと、一晩の間に雑菌が繁殖して臭いの原因になってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です